1. TOP
  2. 永続的にビジネスを続けるために

永続的にビジネスを続けるために

優良レポート この記事は約 4 分で読めます。 27 Views
こんにちは。
いけぞーです(*´▽`*)



よく言われていることですが

物販業界であれば、

副業なのか、専業なのか

というのは永遠のテーマです。



ここに関しては、いろいろな意見が

ありますが私の意見としては

どちらでも問題ない!

というより、関係ない!

です。



というのはあなたの現状と同じ人は

誰一人いないからです。



あなたの現状を見つめ直し

何が最適解なのか?を見出す。





現在地と目的地がわからないと

ゴールにたどり着けない。



よく聞くことですが、昔からの

金言には学ぶことが多いです。



もしかしたら、

生まれたばかりの子供がいるが

本業が忙しすぎて遊ぶヒマもない。

あなたはこんな現状かもしれません。





その場合では、

<現在地>
本業が忙しい

<目的地>
子供との時間を捻出する。 



このようになります。



現在地と目的地が明確だと

やるべきことも明確になります。



・子供との時間を捻出する
↓
・本業を辞める 
↓
・自分のビジネスで生活できるだけ稼ぐ
↓
・月に50万は稼ぐ必要がある
↓
・50万稼ぐためにやるべきことは?


ここからは手法なので何をしても良いですが


食品せどりであれば、利益率が20%程度なので

・50万稼ぐためには、売上が250万必要
↓
・250万売り上げるためには、仕入で120万必要
↓
・1つの商品で月間仕入金額は5万程度なので
↓
・利益、売行が良い商品を24種類リサーチする


わかりやすくするためにキリのいい数字を

使っていますが、ここまで明確だと

行動がしやすいですよね。



逆から見ていくと、

24種類のリサーチが完了すれば、

最終的に

子供との時間を捻出できるようになる。



とも言えます。



たったこれだけで1つめのゴールには

辿り着けそうです。




繰り返しにはなりますが、

それぞれの現状は異なっていますが

上記の流れでやるべきことを

見直してみましょう。



ただ、どのような人でも

必ず必要なことはビジネスを継続することです。



上記のように50万を稼げるようになったとしても

翌月から10万しか稼げなくなれば

子供との時間は結局は取れません。



・Amazonアカウントが停止するかも

・食品の取り扱いができなくなるかも

・ライバルが参入してきて、赤字になるかも



このようなリスクは常につきまといます。

ビジネスを永続的に続けていくためには

リスクヘッジを如何に上手くするのか?



ここを考えておかないと、暗い将来が

あなたを待ち構えています。



やるべきことを纏めておきましたので、

確認しておきましょう。


ダブルアカウント系
↓
http://www.tenbai-tosyokan.jp/search/detail/?book_id=6776&issuer_id=2680


知的財産系
↓
http://www.tenbai-tosyokan.jp/search/detail/?book_id=6724&issuer_id=2680

http://www.tenbai-tosyokan.jp/search/detail/?book_id=6819&issuer_id=2680


真贋系
↓
http://www.tenbai-tosyokan.jp/search/detail/?book_id=5947&issuer_id=2680



このあたりは、Amazonでビジネスを行う上で

知っていて当然レベルの内容です。




永続的にビジネスを続けていくために

しっかりと意識していきましょう。



さ、稼ぎに行きましょー( ̄∇ ̄)

\ SNSでシェアしよう! /

ikzoの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ikzoの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

関連記事

  • 稼ぐ方法は1つではない

  • 物販ビジネスの基礎の基礎の基礎

  • 不良在庫を片付けよう

  • 結局はここが一番いい仕入先ですねー

  • 自動化をし続けるための必須条件

  • Amazonで出品規制をされている商品を