1. TOP
  2. 自動化をし続けるための必須条件

自動化をし続けるための必須条件

優良レポート この記事は約 3 分で読めます。 58 Views
こんにちは。
いけぞーです(*´▽`*)





みなさんって自動化されてますか?



私は結構な割合で、自動化しています。



単純に 自動化 といっても

人によって受け取り方は変わります。



私の場合は、

自分が作業しなくても良い環境を作る

ことが自動化だと考えています。



この自動化には様々な手法があります。

・SOHOさんを雇って仕事をふる

・社員を雇って仕事をふる

・外部の企業に仕事を委託する

などの、<人を活用した自動化>


・価格改定ツールを利用する

・自動アラート機能を利用する

・仕入れ目安の計算シートを用意する

などの、<ツールを活用した自動化>




大きく分けるとこの2つになります。




私の物販の流れを1つご紹介すると、



・ ZONASINHUNTERで商品情報を取得する

・独自開発のツールで商品詳細情報を取得する

・利益と売れ行きが良い商品を自動で抽出する

・外注さんが目視で仕入れ可否を確認する

・社員が最終チェックしOKなら購入する

・商品が倉庫に到着した際に検品する
・FBAラベルシール貼り、梱包発送する
 ※私の物流会社が全て対応します

・FBA納品後は、価格改定ツールを使う

・売れた後には自動でフォローアップメール

・2週間後に評価依頼メール

・在庫がなくなりそうになるとアラートがなる

・アラートがなったら再仕入れを行う



あとは上記の繰り返しです。




見てもらったらわかる通り、

私の手を通過したものは1個もありません。





一度、仕組みを構築してしまえば良いので

忙しいサラリーマンの方にもオススメです。




ただし、仕組みを構築した後に

完全放置で良いか?というと

そんなことはありえません。



そこまで甘いビジネスではありません。



なにをする必要があるのかというと

<メンテナンス> です。



ビジネスの状況は日々変わっているので

少しずつ微調整をしていきます。




市場での販売価格の変動や

アマゾンの商品カテゴリの再編、

配送料の変化などもあります。



これらを対応せずに、

そのまま自動化に任せておくと

大赤字になりビジネスは崩壊します。





そのため<メンテナンス>は必須です。



安定した収益を得続けるために

しっかりと意識していきましょう。



さ、稼ぎに行きましょー( ̄∇ ̄)



PS.
これもAmazonでの売上を安定させる

ひとつの<メンテナンス>ですね。

http://www.tenbai-tosyokan.jp/search/detail/?book_id=6754&issuer_id=2680

確認しておきましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

ikzoの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ikzoの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

関連記事

  • 物販ビジネスの基礎の基礎の基礎

  • ホリデーシーズンに向けて

  • Amazonで出品規制をされている商品を

  • 稼ぐ方法は1つではない

  • 【必見】自分のステージを上げたい方

  • 夢のポイントライフ